お問い合わせ

亡くなった親の車を相続したときは名義変更をしよう!運輸支局での手続きのあれこれ。

2022/05/25
2022/06/22

こんにちは!そうみ行政書士事務所スタッフのイワサワです。

最近気温が高い日が続いてるので、我が家の猫たちは私の布団の上で
寝ることをやめたようで淋しい限りです。猫たちはもう暑いのですね。

さて、前回のブログでは相続で引き継いだ車の名義変更の手続きの流れ
をまとめてみましたが、その後所長とともに名義変更手続きに川崎市の
運輸支局に行ってきました。

今回はナンバープレートの取り外しと付け替えがあったので、お客様に
同行していただきました。

川崎市の運輸支局は川崎駅からは離れた距離にあり、海側の工場地帯の
一角にありました。夜になると作業用の明かりが水面に映し出されて幻
想的な場所だそうです。

運輸支局敷地内には建物がいくつかあり、手続きによって回る順番が変わ
ります。

建物手前から順番に回るわけではないので、事前に必要な額がわかっている
のであればいったりきたりしないためにも手続き用紙をもらう前に先に印紙
を購入しておくのがおすすめです。

午前の受付時間は11:45までで、午後の開始の13:00まで昼休みに
入ります。手続き途中の場合はどうなるのだろうと思っていたのですが、
11:45までに受付を済ませていればそのまま手続きを続行してもらえま
した。こういうことは実際行かないと分からないことですね。

すべての手続きを終えてから最後にナンバープレートの取り外しと新しいも
のに付け替えがあります。受付にあるドライバーで外したら、ナンバーにこだ
わりが無い場合すぐに新しいナンバープレートを受取れます。取り付けたら封印
してもらい、これで完了となります。

今回のようにお客様とお会いする機会は初めてだったので、少し緊張しましたが
直接ご挨拶もできてとても貴重な経験でした。まさに「百聞は一見に如かず」
であると実感した今回の運輸支局での名義変更でした。

横浜・鶴見・川崎で、車の相続に困った?があれば、お気軽にご相談くださいね。

Twitterのフォロー&感想メッセージなどで応援していただけるとうれしいです。

 

詳しく知りたい方はこちら

オンラインスクール

公式Twitter