お問い合わせ

研修を受けて、知るって楽しい!を感じた私

2022/01/26
2022/03/16

こんにちは!そうみ行政書士事務所スタッフのモンジです。

一年でいちばん寒さが厳しくなる頃と言われる「大寒」を過ぎたころ、毎年犬の散歩をしていると良い香りがします。

蝋梅(ロウバイ」という木に咲く花の香りです。ロウ細工のような黄色い花は香り高く春を感じさせてくれます。暦の上では寒の後半!(画像は落ちていたロウバイの花です。)

さて、先日事務所内で研修を受けました。所長とスタッフが対面で話ができる貴重な時間です。

ビジネスマナーと相続の手続きの流れについて」でした。研修って話を聞くだけと思いませんか?

我が所長は突然「さて、ここで問題です!」ときました。ドキドキしましたよ~!

ビジネスマナーの問題4問。スタッフ2人で「うーん」と真剣に答えを選択。そして答え合わせ!二人とも全問正解おめでとう!思わず3人笑顔です。

秘書検定より抜粋した問題だったそうです。行政書士事務所だけでなく社会人としての立ち振る舞いを改めて語り合いました。

そういえば「行政書士って何をやる人?」とはっきり説明できない所からスタートした私。所長に色々教えてもらいながら今に至っています。

なので、これまでやってきた業務はこの流れの中の一つだったのかぁと研修を受けるたびに思い、流れを知る大切さが身に沁みます。

今回は「相続のお手続きの流れ」を所長がフローチャートで解説してくれて、その中に税理士さん、弁護士さん、司法書士さんへという他の士業の方が出てきました。

行政書士として依頼を受け、まずは専門的に出来る事を判断し、さらに必要に応じて行政書士以外の専門家にも繋げている。各専門家の出来る事も理解しているから出来る事。

今回の研修を受けて行政書士って近所の「かかりつけ医」の存在に似ているなぁと私はふと思いました。

発熱したらまず「かかりつけ医」に総合的に診てもらい、時には必要に応じて専門医に診てもらった方がさらに安心と判断できる力や最新の知識があるように。

行政書士も依頼を受けた案件を総合的に専門的な知識の上で業務を進め、更に他の専門家が出来る事も理解した上で依頼者がより安心できるよう導いてくれる。

例えば相続のこと、財産のこと、不動産のこと、様々な契約について、等

生活の中で困った時に、まずは行政書士さんに相談してみたらいいのかな?

そんな風に自分も案内できる?いや、これからもっと実務の中で学び、それなら任せて!と言えるようになるのが目標です。

実は「研修」と聞くと憂鬱でした。でも受けた後に毎回知らない事を知るって楽しいものだな!と恥ずかしながら感じ、ありがたい時間となっています。

少しずつですが、毎月の研修で感じた事もここでお話していこうと思っています。

 

Twitterのフォロー&感想メッセージなどで応援していただけるとうれしいです。

詳しく知りたい方はこちら

オンラインスクール

公式Twitter